2017年10月29日

HPお引越しのお知らせ

auがHPサービスを終了するというので、急遽引っ越し中です。
10月31日までしか、現在のHPは閲覧できません。
今後は以下のアドレスになりますのでご注意ください。
とはいえまだ全然作業が追いついてないのですが。。。
https://nipponga.jimdo.com
しばらく時間がかかると思いますので、温かく見守ってください。
posted by niponga at 22:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

新宿高島屋美術画廊10周年記念 〜そして広がる〜

ドローン草花図.jpg
月の輪熊パンダカー.jpg
明日から新宿高島屋美術画廊さんで始まる展覧会に小さい作品を出品します。
多分この2枚のうちのどちらかが飾ってあると思いますので、お時間あれば見てください。

新宿高島屋美術画廊10周年記念 〜そして広がる〜
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/

■4月12日(水)→4月24日(月)
■10階 美術画廊
※最終日は午後4時閉場。
新宿島屋美術画廊も2017年4月19日をもちまして10周年を迎えます。
開廊当初よりお世話になっているアーティストをはじめ、今後展開を予定しているアーティスト総勢50人の展覧会をおこないます。
■出展作家(五十音順・敬称略)
秋永邦洋(陶芸)/足立正平(水墨)/井上裕起(立体)/内田有(平面)/内林武史(立体)/繪畑彩子(立体)/大河原愛(洋画)/大平由香理(平面)/岡村智晴(日本画)/金丸悠児(絵画)/北川宏人(立体)/金理有(陶芸)/木村英昭(陶芸)/小松宏誠(立体)/澁谷忠臣(絵画)/たかはしじゅんいち(写真)/瀧下和之(絵画)/田嶋徹(絵画)/田中福男(ガラス)/田村吉康(絵画)/土屋仁応(彫刻)/鶴田崇(版画)/富田菜摘(立体)/豊海健太(漆芸)/永島千裕(絵画)/中野浩樹(絵画)/中村彰良(切絵)/名古屋剛志(日本画)/ 灰原愛(彫刻)/林茂樹(工芸)/福井江太郎(日本画)/フジイフランソワ(日本画)/堀越達人(絵画)/松浦浩之(絵画)/松岡ミチヒロ(立体)/松山賢(絵画)/丸山祐介(金工)/三瀬夏之介(日本画)/峰岡正裕(日本画)/宮岡貴泉(陶芸)/宮田彩加(刺繍)/村中恵理(七宝)/森謙次(根付)/山口桂志郎(彫刻)/山ア鈴子(日本画)/山田耕太郎(立体)/山本太郎(日本画)/若佐慎一(日本画)/BlockingWood(版画)/coppers早川(立体)
posted by niponga at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今様展トークショー

現在、松濤美術館で開催中の展覧会「今様―昔と今をつなぐ」にて今週末トークショーを行います。
みなさまよろしければぜひご高覧ください。
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/172imayo
お待ちしております!!

出品作家によるアーティストトーク
4月16日(日) 午後2時〜
木村了子氏、山本太郎氏
4月29日(土・祝) 午後2時〜
木村了子氏、棚田康司氏、満田晴穂氏
*対談および鼎談形式のトークです。
*要入館料 *各回定員40名
*事前予約の必要はありません。
posted by niponga at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

『今様』―昔と今をつなぐ

syo_imayouA4.jpeg
syo_imayouA4back.jpeg
当日の告知になってしまい恐縮ですが、松濤美術館での展覧会が本日より開催されました。
昨年ハワイで開催された「今様-IMAYO-」の巡回展です。

めちゃくちゃ良い空間になってるのでぜひ見にいらしてください。
お気に入りは地下一階の染谷さんと棚田さんとの作品の絡み具合と、二階の木村さんの屏風が置かれた空間の応接間感です。

白井晟一さんのかなり特徴的な建築と共にお楽しみください。

『今様』―昔と今をつなぐ
http://www.shoto-museum.jp/exhibitions/172imayo/
・会期 2017年4月5日(水)〜5月21日(日)
・入館料 一般500円(400円)、大学生400円(320円)、 高校生・60歳以上250円(200円)、小中学生100円(80円)
 ※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
 ※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
 ※毎週金曜日は渋谷区民無料
 ※障がい者及び付添の方1名は無料
・休館日 4月10日(月)、17日(月)、24日(月)、5月8日(月)、15日(月)
・主催 渋谷区立松濤美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
・協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、
     日本テレビ放送網
〈前期〉4月5日(水)〜4月23日(日)
〈後期〉4月25日(火)〜5月21日(日) 
  ※会期中、古美術作品に一部展示替えがあります。

ちなみに、「隅田川 桜川」の右隻と左隻を入れ替えた展示も前期中なら見れます!
17622000_1611191248894424_8070447029928422060_o.jpg
posted by niponga at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

Shaun in Shibuyaオークション

shn2_img_16_senmenharimazeshaun.png
き、気がつけば昨年の秋から全く更新してない状況でした・・・。

そして更新したと思ったら告知です。すいません。

昨年より続いてきましたプロジェクト【ひつじのショーン】 Shaun in Shibuyaがついにオークションの時期を迎えました!
今週末の日曜日、3月5日(日)に開催されます!!
事前入札は3月3日(金)、な、なんと明日までです。
告知が本当に遅いのですが、よろしければサイトをご覧ください!
http://www.shauninjapan.jp
■オークション情報
--------------------------------------------------------------------------------------------------
日時 : 3月5日(日)15時 スタート予定
           (14時 受付開始予定)
            ※お時間は前後する可能性がございます。
場所 : 代官山T-SITE GARDEN GALLERY
出品数: 29匹
最低落札金額:25万円〜
寄付先:日本赤十字社医療センター 及び 渋谷区社会福祉法人 社会福祉協議会
参加方法:A.会場にくる B.電話での同時参加 C.事前入札 D.オンラインでの同時参加
★☆★ 参加登録はこちらから ★☆★
  http://www.shauninjapan.jp/
*当日のご参加はスタンディングを予定しております。
*本オークションの業務は、SBI アートオークション株式会社様にお願いしております。
 参加ご検討のうえ、お手数ですがSBIアートオークション様の会員登録をお願いいたします。
 (上記URLより、【参加方法別の登録用紙】をダウンロード頂けます)
*事前入札は3/3(金)17時までとなっております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
■下見展示会
オークションまでに実際の出品作品をご覧いただけます。
日程:2月24日(金)〜3月5日(日)
場所:代官山T-SITE内
※下見会はどなた様でもご覧いただけます
--------------------------------------------------------------------------------------------------
posted by niponga at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

「NIHON画ー新たな地平を求めてー」展

NIOHN画フライヤーライト.jpgNIOHN画フライヤー裏ライト.jpg
告知が当日になってしまいましたが、本日より豊橋市美術博物館で「NIHON画ー新たな地平を求めてー」という展覧会に参加させていただきます。

http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=7320

●会 期=平成28年10月29日(土)〜12月11日(日) 
     月曜日休館 午前9時〜午後5時(※初日は正午より)
●会 場=豊橋市美術博物館 1階第1〜3室および特別展示室
●主 催=豊橋市美術博物館、中日新聞社
●観覧料=一般・大学生 800(600)円 小・中・高生400(300)円

お時間のある方はぜひご高覧ください。
posted by niponga at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEDxKYOTO参加

ブログでのご報告が遅くなりましたが、先日10月17日になんとあの「TEDxKYOTO」でスピーカーとしてプレゼンさせていただきました。
http://www.tedxkyoto.com/events/tedxkyoto-2016
ステージ上がるまではめちゃくちゃ緊張しましたが、楽しいひと時でした〜!
動画は11月にアップされるとのことです。
14715632_1469771999705340_2308538130459934840_o.jpg
14590290_910438045755337_6065970656323365023_n.jpg
posted by niponga at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

今様 IMAYO: Japan's New Traditionists

14316736_1391804367499781_5038842358565357795_n.jpg
10月はいよいよハワイでの展覧会があります!
久しぶりの海外の美術館とギャラリーでの展覧会です。
「今様 IMAYO: Japan's New Traditionists」

2016年10月2日〜12月2日(ハワイ大学アートギャラリー)
2016年10月13日〜2017年1月8日(ホノルル美術館)
http://www.hawaii.edu/art/exhibitions+events/exhibitions/?p=2078

日本美術の研究者ジョン・ショスタックさんがキュレーターを務めておられます。
展覧会のご相談があってからすでに数年温めてきた企画です。
自分でも待ちにまっていました!

Next October I'm having a group show at The Art Gallery at the University of Hawai‘i at Mānoa and Honolulu Museum of Art.
IMAYŌ: JAPAN’S NEW TRADITIONISTS
October 2 – December 2, 2016
The Art Gallery at the University of Hawai‘i at Mānoa
October 13, 2016 – January 8, 2017
Honolulu Museum of Art
PARTICIPATING ARTISTS
ISHII Tōru, KIMURA Ryōko, MITSUTA Haruo, SOMEYA Satoshi, TANADA Kōji, and YAMAMOTO Tarō
CURATOR John Szostak
posted by niponga at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

講座 京都「日本画」の誕生 にゲスト出演!

img16071414-1180.jpg
本日はNHK京都カルチャーセンターでの講座なんとか無事に終えることができました。
ところが今年はおしゃべりする場所が多くて、まだあります!

お世話になっている毎日新聞記者の澤木政輝氏が開催する講座、「京都「日本画」の誕生」の12/14(水)の回にゲストで呼んでいただいております。
澤木氏は『京の美 都の響〜京都芸大百三十年の歩み』を執筆するなど、京都の美術に大変お詳しい方です。
きっと楽しい講座になりますのでお時間のある方はぜひお勧めです!

●もう一つの都からみる日本近現代美術史
京都「日本画」の誕生
https://gakusha.jp/apps/course/detail/1632313/

・基本開講地・会場(※) 京都造形芸術大学 大阪サテライトキャンパス
・開講日 2016/10/12(水)、2016/10/26(水)、2016/11/09(水)、2016/11/30(水)、2016/12/14(水)
・基本時間割(※) 14:00〜16:00
・受講料 18,000円

「日本画」とは何でしょう。日本独自の技法で描かれた絵、のことではありません。あらゆる伝統文化が衰微した明治初期、西洋絵画に伍する近代美術として生み出された概念が「日本画」です。東京での日本画の展開と軌を一にして、京都では日本初の美術教育機関として設立された画学校を軸に個性的な画家たちが群がり出て、日本画の歴史を紡いできました。東京中心に語られがちな近現代美術史を、もう一つの美の都・京都を視座に見直します。

対象:全対象/「京都を中心に、画家たちが織り成した物語のダイナミズム」を知りたい方

ぜひよろしくお願いします。
posted by niponga at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本地震復興応援企画 ヒノクニ

14203154_1381513471862204_6016775111307856379_n.jpg
本当に告知ばっかですいません。
9月はもう一つ展覧会あります!
今回は同世代の熊本出身アーティスト3名による展覧会です。
コラボ作品を3人で制作しましたのでぜひご覧くださ〜い!

平成28年(2016年)熊本地震復興応援企画 ヒノクニ
瀧下和之・武田双雲・山本太郎
http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/event3/#os7684
■9月21日(水)→27日(火)
■6階 美術画廊
※最終日は午後4時閉場。
■瀧下和之・山本太郎氏によるギャラリートーク
日時=9月24日(土)午後3時から
会場=島屋日本橋6階美術画廊

この度高島屋では「平成28年(2016年)熊本地震復興応援企画ヒノクニ 瀧下和之・武田双雲・山本太郎」を開催いたします。
3名の作家は、共に表現の場を主戦場とし日々研鑽を積むほぼ同年代の作家達であり、何より熊本県出身という共通項を有するアーティストたちです。
熊本地震発生直後、瀧下和之氏が今展開催の提案をされ、武田双雲・山本太郎の両氏が当該趣旨に迅速に賛同されましたことで実現した今展では、限られた時間の中での共同制作など、展覧会としても大変見ごたえのある趣向の凝ったものとなっております。
作家主導でつくりあげた今展の売上金の一部は作家から熊本地震復興のために寄付をさせていただきます。
どうぞ、この機会に熱き心を持つ3人の競演をご高覧ください。
最後になりますが、この度の『平成28年(2016年)熊本地震』により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申しあげますと共に、 被災地の皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。
お問い合わせ:6階 美術画廊 直通TEL(03)3246-4310

この後新宿島屋にも巡回予定です。
posted by niponga at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「現代日本画の挑戦」に出品

14212088_1379780825368802_1526146667101081776_n.jpg14241690_1379780885368796_6532063581486707728_o.jpg
秋田県立美術館での「異界をひらく」展が無事に終了しました。たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。
早速ですが次の展覧会です。
四国丸亀ですが、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館とはまた別の美術館になります。瀬戸内国際芸術祭も行われていますのでご一緒にどうぞ〜!

私はフライヤーにも載っている「土蜘蛛」という屏風を出品する予定です。

展覧会タイトル: 「現代日本画の挑戦」
美術館名   : 中津万象園・丸亀美術館(絵画館)
ホームページ : http://www.bansyouen.com/
スケジュール : 9月10日(土曜日)〜11月6日(日曜日)(9:30〜17:00(入館は16:30迄)|会期中無休)
アーティスト : 片岡球子、堂本印象、秋野不矩、堀文子、山本太郎、渡邊佳織
入場料    : 一般800円|小・中学生400円
アクセス   : 〒763-0054 香川県丸亀市中津町25-1
          http://www.bansyouen.com/guide/#access

戦後の日本画家にとって、自分達が受け継いだ伝統的な技法を使って、いかに現代という時代を表現するかが使命でありました。 そこで今回は、旧来の日本画の制約にとらわれず、新しい表現方法を模索した昭和の巨匠たち−晩年抽象絵画にまで行き着いた堂本印象、大胆にデフォルメされた画面を自由な顔料で描いた片岡球子など−から始まって、その発想を受け継ぐ中堅・若手の日本画家達の挑戦の軌跡を追います。
 加えて、その流れの先にある現代アートの画家たちを取り上げます。 現代のモチーフを取り入れ「ニッポン画」と称し、日本古来の絵画を現代の視点で再構成した山本太郎、精力的に模写事業に参加し、細部の文様や衣服の表現、人物描写に東洋の古典的要素を加え、甘美な時間をもたらす女性像の表現に磨きをかけた渡邊佳織。 現代の日本画を支える1970年代以降生まれの若手日本画家の挑戦を、あわせてご紹介いたします。
posted by niponga at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

ショーンインシブヤ イン ニコタマ

また宣伝ばかりですいません。
今年デザインしました、ひつじのショーンのチャリティー作品が本日より二子玉川で展示されています!
会期:9月1日(木)〜15日(木)
どこにあるかはマップをご覧下さい。

http://www.shauninjapan.jp

https://www.facebook.com/shauninjapan/photos/a.1614619875469202.1073741828.1614581228806400/1776080522656469/?type=3&theater
posted by niponga at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「天心」アフタートーク

14196202_1375870072426544_7844988726632219734_o.jpg14188122_1375870175759867_7661730004843955776_o.jpg
最近宣伝ばかりですいません。
秋田の千秋美術館の「寺崎廣業展」に合わせて、映画「天心」の上映が行われます。
9月17日(土)の映画上映後なぜか(笑)私のトークショーが行われます。
2回上映ですが、まだ少し席があるようです。映画に興味のある方も、私に興味があるという奇特な方もぜひ見にいらしてください。

https://www.facebook.com/senshuart/photos/a.489670901109645.1073741829.483262405083828/1105243039552425/?type=3&theater

【寺崎廣業生誕150年記念上映会 映画「天心」のお知らせ】
寺崎廣業と同時代に活躍した、岡倉天心とその弟子たちの物語です。
出演:竹中直人、中村獅童ほか 主題歌:石井竜也
日時:9月17日(土)当館3階講堂
   9月18日(日)シネマパレ(秋田フォーラス)
ともに、【1回目】午前10時30分〜 【2回目】午後2時15分〜
≪各回上映後トークショーあり≫
出演:山本太郎氏(秋田公立美術大学准教授)※17日のみ
    星加正紀氏(映画「天心」プロデューサー)ほか
チケット:【前売】一般・シニア1,000円 中・高校生800円
     【当日】一般・シニア1,200円 中・高校生800円
販売所:caoca広場(秋田ステーションビル)、ココラボラトリー、ジャズスポットロンド、ティアレ〜ウェルネスサロン
問合せ:株式会社ビリーヴ イン TEL 018-862-5981
posted by niponga at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

京都の美を探る アートの達人になるために最終回

web.jpg
NHK文化センター京都教室にて講座をやらせていただきます!

「京都の美を探る アートの達人になるために最終回」
日時:9月9日(金)12:45〜14:45
受講料:2,808円
会場:NHK文化センター京都教室
京都市下京区四条柳馬場西入四条SETビル3階
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1113931.html

連続講座ですが、この回のみの受講も可能です!
まだまだ席があるそうですのでみなさんお誘い合わせの上いらしてくださ〜い。
お待ちしております!!
自分がアートの達人じゃないんだけど大丈夫かな(笑)。
posted by niponga at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

「異界をひらく」展オープン!

13669700_1098525686893306_6701348060498364590_n.jpg13717327_1336351603045058_4701227602637311941_o.jpg13724025_1336351633045055_9198574581333891394_o.jpg13732039_1336351779711707_2715595141426920434_o.jpg13724866_1336351699711715_3096916131754067114_o.jpg13701180_1336351903045028_2409125553902839499_o.jpg13640883_1336351823045036_8939732823361798644_o.jpg13692893_1336351999711685_7323550486219961636_o.jpg13640864_1336352079711677_8800165958850532604_o.jpg
7月16日(土)に無事に「異界をひらく」展、秋田県立美術館にてオープンいたしました。

1階会場は写メ撮り放題なので、みなさん会場にいらっしゃいましたらぜひどんどん写真を撮ってください。

秋田県立美術館HPもようやく更新されたみたいです。
http://www.akita-museum-of-art.jp

ぜひこの夏は秋田に異界をひらきにきてください!
posted by niponga at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

特別展 「異界をひらく 〜百鬼夜行と現代アート〜」

異界をひらく表面.jpeg
異界をひらく裏面.jpeg
秋田での楽しみな展覧会のお知らせです!
いよいよ迫ってきました〜!

特別展 「異界をひらく 〜百鬼夜行と現代アート〜」
http://www.akita-museum-of-art.jp/event/show_detail.php?serial_no=138

出品作家:
天野喜孝 石田徹也 岡本瑛理 金子富之 鴻池朋子 田村一 奈良美智 藤浩志 真島直子 松井冬子 三瀬夏之介 山口晃 山本太郎
特別出品:藤田嗣治 ・「百鬼夜行絵巻」江戸時代(國學院大學図書館蔵)

会場:秋田県立美術館
日時:2016年7月16日(土) から 2016年9月4日(日)
午前10時〜午後6時まで(入館は午後5時30分まで)会期中無休
展覧料:一般1,100円(900円) 学生800円(650円) 高校生以下無料
※団体割引:20名以上の場合は()内の団体料金

オープニングイベント
ゲスト 真島直子(美術家)
7月16日(土)10:00〜10:30
場所/1F県民ギャラリー
※事前申し込み不要。観覧券または年間パスポートが必要です。

関連イベント:
講演会「石田徹也をひらく」
講師 勝山 滋(平塚市美術館学芸員)
日時 7月23日(土) 14:00〜15:30
会場 1Fレクチャールーム
定員 40名
※お電話での事前申し込みが必要です。
пF018−853−8686

アーティストトーク
ゲスト 松井 冬子(日本画家)
日時 8月6日(土) 17:00〜18:15
会場 2Fミュージアムラウンジ
定員 40名
※お電話での事前申し込みが必要です。
пF018−853−8686

ワークショップ「妖怪地図をつくろう」
講師 金子 富之(日本画家)
日時 8月21日(日) 14:00〜16:00
会場 1Fレクチャールーム
定員 20名
※お電話での事前申し込みが必要です。
пF018−853−8686

ギャラリートーク
7月16日(土) 10:30〜11:30
7月31日(日) 14:00〜15:00
8月14日(日) 14:00〜15:00
8月28日(日) 14:00〜15:00
当日の観覧券、もしくは年間パスポートをご持参ください。

主催/秋田県立美術館・公益財団法人平野正吉美術財団
協力・後援/ABS秋田放送
後援/秋田市、秋田市教育委員会、秋田魁新報社、朝日新聞秋田総局、毎日新聞秋田支局、読売新聞秋田支局、河北新報社、NHK秋田放送局、AKT秋田テレビ、AAB秋田朝日放送、エフエム秋田、CNA秋田ケーブルテレビ、秋田経済新聞
〒010-0001 秋田市中通1丁目4-2 秋田県立美術館(指定管理者)公益財団法人平野政吉美術財団
Tel 018-853-8686・018-833-5809 / Fax 018-836-0877
posted by niponga at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

ショーンインシブヤ イン宇都宮

shn2_img_16_senmenharimazeshaun.png
今年参加しました「ひつじのショーン」のチャリティープロジェクト、ショーンインシブヤ。
渋谷の街を離れての展示もあるそうです。
http://www.shauninjapan.jp

明日からの展示になりま〜す。
お時間ありましたらご高覧ください。

<宇都宮パルコ>

開催概要   ・・・期間/2016年6月25日〜7月12日
        会場/宇都宮パルコ 4F特設スペース
         体数/8体
         備考/入場無料

情報解禁   ・・・2016年6月20日(月)18時以降
        *週末に宇都宮パルコ様が情報公開予定です。
posted by niponga at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

山本能楽堂さま移動式能舞台鏡板作成

鏡板合成画像色補正light.jpg
13227060_1293218597358359_2520372220681896611_n.jpg
13243687_1299232083423677_4204300238894124801_o.jpg
13394149_1307675165912702_8631812036575960031_n.jpg
13394191_1145643378854668_9149682920843248116_n.jpg

先日まで京都造形芸術大学のウルトラファクトリーが行っているウルトラプロジェクトの一環としまして、鏡板を学生スタッフと一緒に描かせていただく機会を得ました。

鏡板(※)と言っても大阪の山本能楽堂さまが使用している移動式の能舞台のための移動式の鏡板です。
この移動式能舞台は同じく大阪で家具やプロダクトを作っているgrafさん設計・制作によるもの。

描く前に、春日大社の影向の松をフィールドワークしたり、板絵を沢山描いておられる画家の福井安紀さんのアトリエにお邪魔して日本画材で板絵を描くときの注意点などを勉強しながらの制作となりました。

京都造形大の学生スタッフは3名。全員2年生で油絵1名、日本画2名の学生でしたが、3人とも本当に良く動いてくれてスムーズに制作ができました。手伝ってくれたみんなありがと〜!

そして何よりお世話して下さったウルトラファクトリーのスタッフの方々、さらに今回プロジェクトに誘ってくださったヤノベケンジさん、そしてご依頼くださった山本能楽堂さま、皆さまのおかげで本当に貴重な経験ができました。

これからgrafさんが最終の仕上げをしたあとにお披露目となる予定です。
今から自分でも楽しみです!!

※鏡板
https://ja.wikipedia.org/wiki/鏡板_(能舞台)
鏡板(かがみいた)は、能舞台の正面の羽目板である。春日大社の「影向の松」を写したとされる老松が描かれることが多い。江戸時代には御絵所狩野家の承るところとなり、江戸城本丸表舞台の鏡板絵を構図の範として描くようになった。右側面の鏡板を「脇の鏡板」と呼ぶことがある。若竹が描かれることが多い[要出典]。
posted by niponga at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞音曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

Shaun IN SHIBUYA

shaun_in_shibuya_logo_0419.jpg
shn2_img_16_senmenharimazeshaun.png
さて、昨日は4・2・8=し・ぶ・や「渋谷」の日だったみたいですが、渋谷で行われるクレイアニメ「ひつじのショーン」のチャリティーイベントの告知です。
私は琳派なショーンをデザインしました。

Shaun IN SHIBUYA
世界で一匹だけのショーンに会える!
渋谷の街中で「Shaun IN SHIBUYA」
http://www.shauninjapan.jp/index.html

開催期間中は、プロジェクトに共感いただいたアーティストにより自由に彩られた、 特大ショーンをお楽しみ頂けます。「アートを通じて子どもたちをしあわせにする」という思いにもとづき、これらのショーンは、最終的にオークションにかけられ、子どもたちのために役立てて欲しいという想いで「日本赤十字社医療センター」、地域福祉を推進していけるように「渋谷区社会福祉協議会」へ寄付されます。

名称: Shaun IN SHIBUYA
会場: 渋谷、表参道、原宿、恵比寿、代官山
展示期間: 2016年5月5日(木)〜 5月22日(日)
展示数: 約30匹
主催: ショーン・イン・ジャパン・プロジェクト
特別協力: アードマン・アニメーションズ
後援: 渋谷区/渋谷区商店会連合会/一般財団法人 渋谷区観光協会/ブリティッシュ・カウンシル
寄付先: 日本赤十字社医療センター/社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

また、今回偶然に秋田公立美術大学のアーツ&ルーツ専攻で一緒に教える藤浩志さんも一緒にイベントに参加しています。
なんだかご縁を感じます。
posted by niponga at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

ART of ULTRAMAN 展終了のお知らせ

12970928_1268639273149625_8733760822032336557_o.jpg

このところ忙しくしていて展覧会が始まる前にここで告知ができていなくて本当に残念なことになってしまいましたが、

本日まで新宿タカシマヤさんで開催されていた「ART of ULTRAMAN 」展が無事に終了しました。
おかげさまで沢山の方にご高覧いただきました。ご来場いただきましたみなさまありがとうございました。

残念ながらこの作品は会期中にお嫁入りすることがかなわず・・・。カラータイマーが作動するにはもう少し時間が必要だった、ということでしょうか。
また次にご来迎いただく機会を待つことにしましょう〜。
ジョワッ!

次の展覧会やイベントはきちんと告知しようと思いますのでよろしくお願いします。
posted by niponga at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする